弁護士の必要性

みなさんは弁護士について考えたことはありますか?
冤罪で逮捕された人を救えるのは誰ですか?
反省している犯罪者が更生できるような判決をもらえるのは誰のおかげですか?
それはすべて弁護士のおかげなのです。
もし弁護士の存在しない世界で法廷が開かれたらどうなりますか?冤罪で逮捕された人は告発内容通りに裁かれ、更生したいと思っている犯罪者は更生の機会を失うことになるのです。
犯罪が起こった場合、唯一被告人を助けてくれるのは弁護士だけなのです。
弁護士になるのは容易なことではありません。
司法試験はとても難しく、年々合格率も落ちてきているのが現状です。
そんな試験をくぐり抜けてきたエリートである弁護士に助けてもらうのは被告人の大きな支えになることでしょう。
一番望ましいのは犯罪が起こらないことですが、現実はそうはいきません。
真実を知りたいと一心に考え、検察と全く逆の立場から事件を考え、被告人の意見を聞いて検討し、より正しい判決を勝ち取る弁護士は犯罪の耐えないこの社会には必要不可欠な存在だと考えています。