弁護士に相談しよう

弁護士は、法律の専門家です。
相続問題や、離婚問題、借金問題や倒産処理、悪質商法などの消費者被害、先物取り引きなどの投資被害、交通事故、医療過誤など、広範な領域にわたって相談が可能です。
弁護士に相談するには、通常、30分当たり5250円の相談料がかかります。
大抵の相談は、1時間もあれば十分でしょう。
つまり、相談1件当たり、10500円あれば十分という計算になります。
また、最近は、債務整理をはじめ、弁護士会の法律相談は相談無料の場合も増えています。
たとえば、お金を貸したのに返してくれない、というような場合には、弁護士に依頼して、内容証明郵便を送って返済を督促したり、それでも返済しないような場合には訴え提起することもあります。
このような場合の弁護士費用としては一般的に、請求する金額の8%が着手金、実際に返済された金額の16%が報酬金となることが多いです。
だいたい、返済された金額の1/4が弁護士費用となると考えておけば良いでしょう。